Wastegetable ウェイステジタブルさんにお邪魔しました!

今回、BTSビクトリーモニュメント駅から徒歩5分の距離にあるセントラルワンというショッピングモールの屋上にある、Wastegetableさんにお邪魔しました!

ここは、食品廃棄物から肥料を作り、その肥料を使って野菜や花を無農薬で栽培している、循環型・都市型ルーフトップファームです。運営しているのは、Bangkok Rooftop Farming (BRF)という社会的企業で、The NETWORK for sustainable developmentという組織のサポートにより2018年に立ち上がりました。The NETWORKは、タイの総廃棄物の55%を占める食品廃棄物をより適切に管理するためのエコシステムを構築するために、地方行政、非営利、およびビジネスセクター間の協力を促進する非営利団体です。

詳しくはこちらをクリック

https://www.ngobiz.org/home/

 

Wastegetableさんでは、肥料の原材料となる食品廃棄物はセントラルワンの1階と3階にあるフードコートやレストランや、近隣の軍施設のキャンティーンから、ここ屋上に運ばれ、1日600kgもの処理能力のある、コンポスターによって処理されて肥料を作っています。

 

その肥料を使って、ここでは、レタス、ズッキーニやラディッシュなどなどの野菜はもちろん、レモングラスやミント等、ハーブの種類も豊富に栽培、販売しています。

 

近づいてみてよくよく土をみると…

残飯のチキンの骨や貝の殻などがゴロゴロ見えます。

正真正銘、食品廃棄物から出来た肥料を使っているってことが良く分かりますね!

 

ここWastegetableさんでは月に一度、栽培や食育、環境問題をテーマにワークショップを開いています。

さらに、予約をすれば野菜の収穫を体験できたりもするんです!

新鮮な無農薬野菜の収穫体験を、この大都会バンコクで出来るなんて、最高ですね!

 

砂漠の中のオアシスのような、バンコクの高層ビルの谷間にある異次元空間のような、外の喧噪からは想像できないほど、ここだけ少し時間の流れが緩やかに進んでいるような、素敵な場所でした。私が着いたときはちょうど水やりの時間で、高層ビルを背景に霧状の水がファーム全体をフワッと覆い、とっても幻想的な風景を醸し出していました。その瞬間の写真を撮り忘れたのが非常に残念ですが…

 

 

こんな素敵なWastegetableさんと、今後 一緒にワークショップやイベントも行っていきたいと思いますので、楽しみにしてくださいね!

 

Wastegetable

14/2 ซอยวัฒนโยธิน Ratchawithi Rd, เทวี Bangkok 10400

+66814037136

日曜休日

M-Sa:9AM–5:30PM

https://www.facebook.com/wastegetable/